平成30年報恩講サプライズ(その2)
更新日: 2018年11月05日
報恩講の本堂で、今年も善正寺門徒展の作品が展示されました。
写真、布絵、絵手紙、書道・・。その中でひときわ目立って人気が高かったのが、素朴な味わいで、温かみのある「田舎のお爺さんとお婆さんの人形」でした。
作成者はご門徒のHさんご夫妻。
「これどうやって作るの?」「素敵!」「人形の顔が、どこにでもいるお年寄りにそっくり」「私も作ってみたい」の声に押されて、作成者に作り方をご紹介頂きました。
定年後のご夫婦が協力して作られたのが、また尊い。私達も老いてなお、人形のように夫婦仲良く味わい深い毎日を送りたいと思いました。

←前